背を伸ばす!情報コム

背をもっと高くしたい

平均的な身長でもあと何センチか伸びたらいいな!と思うのは誰でもあると感じます。

このサイトではどのようにすれば背を伸ばしていけるかという情報を掲載しており、また子供さんや背丈の
伸びに関するお悩みや、どのようにして身体の発育を促進させる事が出来るかという情報を掲載しております。

様々な情報はありますので是非ともそのメカニズムをお知りになり試して見るのもよいかと存じます。

必要な要素とは!

身長を出来るだけもっと伸ばすには様々な要素があると思います。
特にまだ成育過程にある子供に関しても身長の伸び具合が心配になるところです。
やっぱり、背が大きい方が現実的に見た目ににもいい方にはたらきますね!
両親の身長があまり高くないからとあきらめてはいませんか?

それには成長ホルモンが大きく関係している事は良く知られている事ですね!
このホルモンの分泌を司る器官は脳下垂体と言いまして、この内分泌器官はものすごく精神と
つながりがあると、私自信、経験と確信があります。

背の発育とはちょっと違いますが筋力の増加にも必要不可欠なこのホルモンは不安や気持ち
の落ち込み時には通常より分泌が少なくなりがちのようです。

同じ休息や食事をとっても気持ちが前向きでないと上手く機能しないんですね。

結論をいうと前向きな精神状態、子供の立場で言えば毎日嬉しくてしょうがない
生活環境が視床下部関連の内分泌器官の活発な活動を補佐しいい影響を与えます。

良質なタンパク質を十分に摂取する。
これには大切な意味があります。
睡眠を充分にとる。寝る子は育つ!そうですね!身体は睡眠中に発達します。
楽しく生活する!これも子供の身長の発育には重要な要素ですね。

適度な運動をすることも食欲を増進させて骨に刺激を与えて成長ホルモンの分泌を活発にする
には必要です。
このように様々なことが考えられるため、身長を伸ばす要素を充分に考慮すれば最大限に背丈
の向上も可能です。

成長ホルモンの働きとその関連

人間の背丈の発育には脳下垂体から分泌されるヒト成長ホルモン必要です。
そのヒト成長ホルモンは肝臓に働きかけソマトメジンCの分泌を促進させます。
これは軟骨細胞を増殖する作用があり、骨の伸長を進めさせ、成長ホルモン自体も直接軟骨
細胞に働きかけながら、ソマトメジンCは骨端軟骨に作用して、大腿骨などが長くなり、結果的
に背を高くするという仕組みです。

重要なテーマとして以下もご覧下さい
栄養の吸収を高める

遺伝的要素と背丈の関係について

確かに背丈の発育には遺伝的要素は多いに関係があることは知られている
ところですが、実際には両親より背が大きくなるケースが殆んどではないでしょうか。
背丈の伸びに関しては生活環境が親から受け継ぐ要素より上回るものであると確信しています。

遺伝的要素は背の高さの伸びに多いに関係すると言われていますが最大限に身長を伸ばす
生活環境を送ったでしょうか?

例えば戦前生まれの方は必ずしも現代っ子よりに、10cm位背の高さが違うように思います。

これは、戦前戦中には食料不足という社会状況があり、タンパク質や脂質、炭水化物などの
背を伸ばすための必要な栄養素が思い通りに摂取出来なかったというために、背の発育の
可能性を最大限に伸ばすことが出来なかった事実があました。

それゆえに、もし両親の身長があまり高くなくてもその能力をいっぱいに使っていない場合
は当然、まだ伸びる余地を残したままで大人になってしまった可能性もあり、遺伝的には
まだ背を伸ばすことも出来たかも知れないという事です。

遺伝的要素がその子供の背の高さに関係する割合は2割から3割程度とも言われています。

父親や母親はそれほど大きくなく子供の背丈の発育をご心配になるのなら、どのようにすれ
ば本来持っている可能性を引き出して身体の発達を促進させるという事が背を伸ばすための
重要な考えでしょう。

思春期後であってもまだ骨は成長する?

第二次性徴、つまり思春期は個人差も当然ありますけど、男子で11歳〜13歳に始まり、
女子で10歳〜12歳頃と言われています。

女の子の方が若干早いのは良く知られた事ですね!

第二次性徴が終わると骨の成長も終了すると考えられていて骨端線閉鎖後はまったく背を
高くする事は出来ないかというと、これも仮説の領域をでないというこも耳にします。

これはその分野での研究に本当に真剣に取り組んでいる者がとても少ないという情報もあり、
現実には17歳の時よりも二十歳を過ぎて2〜3センチ背が伸びたという場合も結構あること
です。

僅かながらも二十歳を過ぎても目に見えない可能性ああれば努力をすればその能力を引き
出しさえすれば可能ではないでしょうか!

ストレスと背丈の発育について

背を伸ばすという事についてストレスの関係を上げたいと思います。

これは心理面においてホルモンなどのバランス状態で大きな影響がありそうです。

人間は心で動いていっているといっても不思議ではありませんので背丈の発育に大きく
関連する事としてストレスを上げておきたいと思います。

例えば充分なタンパク質や栄養を摂っていても成長ホルモンの分泌が促進されなくては
上手く体も発達して行きません。

強い悩み事などはストレスとして成長ホルモンの分泌促進の働きにあまり良くないのは
考えられる事だと思います。

環境の良いところで練習するスポーツ選手がいるのはこの方が体に対して効率的なため
なんですね。

これは背を伸ばすのに重要たファクターである骨の成長にも当てはまることで、つまり、
背丈を伸ばすには気持ちを開放された状態に置いた生活態度が望ましく、過度なストレスは
悪影響を成長にしまうので避けたいところです。

つまり、背を高くするには楽しく生活出来る状態が圧倒的に有利なんですね。
子供の頃はストレス解消方法などは良く分からないので気を付けたいところです。

特に、夫婦喧嘩などはなるべく子供の前ではしない方が良いでしょう。
これは子供にすれば安心な家庭が崩壊するんではないかというような不安を与えかねません。
また、子供に対してもしかる言葉を選びたいところです。
子供の心がが萎縮してしまい食欲や運動能力に関連してくるかも知れません。

身体の姿勢と身長に関して!

興味深い話ですが、朝と昼とでは背の高さに何センチか差が出るという場合があります。
人によっては2〜3センチ位背が伸び縮みすることもあるようですね。

また、長年不正確な動きでで生活を続けていくと身体が歪んでしまい背の高さに影響がでる
という事でしょう。

年をとって背が小さくなったということは骨格が歪んでしまい縮んでしまったということに
なるんではないでしょうか。

子供の時や成長期などの中高生の時でもまず正しい姿勢を保つように心かけたいところです。

カルシウムやタンパク質やビタミンの過不足のない摂取は背を思いっきり伸ばす条件
としては当然ですね。
また、成長ホルモンの分泌を盛んにするためには良い心の状態と適度な運動も重要なであり
真っすぐした骨の発育方向もとても重要な要素です。

スポンサードリンク


サイトマップ

My Yahoo!に追加


年代別

高校生から身長を伸ばす方法

中学生から身長を伸ばす方法

子供の背丈を伸ばす方法

亜鉛とは背を伸ばす上では欠かせない要素

身長を伸ばすストレッチ

性格と身長の伸びは関係あるか

成長ホルモンの分泌を促進するつぼ

ストレスを回避しましょう!

背を伸ばすには避けたい食事

栄養の吸収を高める

成長とは

両親の身長があまり高くないからとあきらめてはいませんか?


予想身長計算フォーム

低身長の治療費と基準

身長を伸ばすサプリメント

背を高くする食品とは

身長を伸ばすイメージトレーニング

猫背の矯正と身長

骨の成長を助ける食品とは

成長期を過ぎて背が伸びた一例

遺伝的要素

背が伸びるメカニズム

背が伸びる時間帯とは

背の発育の成長率

低身長かどうかの基準数値とは

骨を成長させる理論とは

背丈の伸びの予想算出方法

ソマトメジンC(IGF-l )とは

背を伸ばす運動

子供の低身長とは

成長ホルモンの働き

タンパク質とは

身長に関するの用語集

リンク集

サイト概要

管理者の身長のテーマに関して

サイト管理者


スポンサードリンク


inserted by FC2 system