中学生からの身長を伸ばす方法

これから可能性がいっぱいある機会を逃がさず思いっきり伸ばそう!

この頃の背の高さは第二次性徴の訪れが早い子供と遅いケースの子があり、個人差が目立
つ時期であると言えます。
早く思春期が来れば大人と小人くらいの差が出てきます。

また、この中学生という年代は体の変化においてはとても重要な
年齢だと思って下さい。

食事から生活態度や適度な運動、つまり日常の考え方からそれにともなう成長を促す充分
な睡眠など、さまざまな要素が成長ホルモンの分泌促進して身長の伸びに影響があると
考えられます。

もし、真剣に専念すれば努力が報われて3〜5センチ位は身長が高くなる<可能性を秘めて
いるといっても良いでしょう。

私の中学生の頃もまだ子供の体格の生徒と大人の身体の生徒が混在しているようでした。
男子で150cm台の子もいれば170cmに達するケースもあり、この現象は現在においても
そんなに変わりはないと思います。

この身長の高さを決定してしまう中学生という年代は遊びたい盛りであったり、受験勉強に
専念しなければならない時期でもありますが、背を可能性いっぱいに伸ばすには最良の時期
でもあります。
さまざまな重要な要素を怠って後になってもっと考えておけば良かったなんて後悔しないよう
にしたいものです。


スポンサードリンク


まず、身長を伸ばすにはそれに関係する必要な材料が必要になります。
骨をつくるカルシウムや筋肉を作るたんぱく質の豊富に含んだ食品を摂るようにこころがける!

特に身長をのばす要素として大切なのは骨端軟骨がまだ残っている状態の時にこれを成長さ
せる事によって背が高くなるという仕組みです。

これは人間の成長過程にとって重要なことで骨の生育はまだ柔かい状態であればそれを伸
ばす事が出来るという事です。

つまり中学生の時はこれが当てはまります。
だからこそ、日本人の平均身長は大体170センチちょっとですが、この年代に栄養 運動 
休息 精神状態などの条件を余すことなく実施していけばきっと日本人の身長はかなり
伸びて行くと考えられます。

だからこそ、身長を伸ばすべくあらゆる努力をしてもらいたいと思います。
男子の平均身長を177センチ位にすることを目標にしたいですね。

遺伝子を変化させるにはは何百年かかるといわれていますが精神と科学の力でもっと早く変
える事も出来ると思います。
また、身長を伸ばす要素はいろいろとありますが、これから研究が進んで来ると思います。

いまだに解明されていないホルモン、あるいは精神の作用で変化する物質等などまだまだ
身長を伸ばすための発見はあると想像出来ます。
ただ、いえることは、平均身長はこんなもんだからだと決め付けずに、この年代だからこそ
出来る身長に関してドラスティックな変化を求める事が重要ではないでしょうか。

100メートルの世界レコードも今は、9秒7台にに突入しています。
これは出来ないと思っていた事を出来ると思った人が実現した結果です。

もし可能ならば視覚から脳へ身長を伸ばすための信号を送るということも大切になります。
これは自分も背が大きくなることが出来る身体であると自分に言い聞かせるセルフイメージが 大切という事です。

この技術を取得すれば面白い結果が現れるんではないでしょうか。

中学生の皆さんには日本人の平均身長を思いっきり伸ばす可能性があるので是非ともいろ
いろとトライしてもらいたいと感じています。

inserted by FC2 system